Blog


取引銀行からお金を借りる

取引銀行からお金を借りる場合にいい方法があります。それは前もって公共料金をまとめておくということです。

一般的な仕事人は取引銀行が必ずあります。それが給料振込口座のある銀行です。急にお金が必要になる経験は誰にでもありますが、借入れを検討するなら取引銀行が一番金利も安く審査もスピーディーにすむ場合が多いのです。それは公共料金の口座をポイント制にしている銀行が多く、その取引のポイントの数だけ金利が優遇されるのです。

もちろん借り入れる額によっても違いますが、お金を借りると考えたときには一度は検討してみることをおススメします。しかしもし銀行の審査が通らなくても落ち込まなくていいです。ほかにも金融機関はたくさんあるので、金利は若干銀行より高くなっても方法はいろいろあるのです。

信販会社や消費者金融会社なども計画的な使い方をすれば、即日現金を手にすることだってできるのです。お金を借りると考えたらすべての可能性をさがしましょう。

Read more...



カードローンを無駄遣い防止に活用

私たちの日常生活においては、お金の無駄遣いとは、正に百害あって一利無しです。そんな無駄遣い防止のためには、人それぞれ様々な方法や工夫などがあるものです。そんな中、カードローンを活用する無駄遣い防止方法があります。

それは、現金もクレジットカードも持たずにカードローンだけで生活してみることです。たとえば一か月間、そのように生活するのです。すると一か月分の利息の支払い負担の重さというものを、身をもって実感することが出来ます。

そうすれば、お金の大切さや有り難さなどが分かるはずです。そして、それが分かれば分かるほど、きっと、それ以後は無駄遣いはしなくなるに違いありません。

カードローンの返済をするということは、多かれ少なかれ、苦しいものです。

しかし、その苦しみを味わうことでお金の無駄遣いを減らせるなら、利息の支払い負担などは安いものです。無駄遣いがなかなか減らない人は、是非、自己責任で一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

Read more...



国の借金は企業の借金と同じ。

国の財政について話すときは、一人当たりいくらの借金という話になります。しかし国は個人と違い寿命がありません。人間の場合は働ける時間が限られているため、ある程度の年になれば残り寿命を考えて借金ができなくなり、清算を迫られます。そのとき借金が返せない額だと破産してしまいます。
普通はそれ以前にこれは返せないだろうと判断されればやはり同じようになります。
しかし国の場合は、寿命で死んだり働けなくなることはありません。
これは企業と同じです。ずっと借金をして、何とか倒れずやっていくことが不可能ではない主体なのです。
性質が違う国と個人を同じように語り、借金そのものを忌避するように仕向けるのはあまり正しい議論とはいえないでしょう。
無理に借金をやめさせると経済に悪影響が及び、今している借金の返済も難しくなりかねません。
確かに借金がどんどん増えていくのは不安です、最後には返すか踏み倒すしかないのですから当然といえます。
しかしだからこそ冷静に考え、本当に借金を減らすにはどうするのが合理的か考えることが重要でしょう。

Read more...



サラリーマンなら銀行系カードローンが一番

大多数のサラリーマンは、毎月の給料やボーナスなどの収入は、銀行振り込みで受け取っているに違いありません。ですから、もしもお金に困って何処かから借り入れをしたいと思ったら、まずは振り込み先の銀行のカードローンを利用するのが一番です。

銀行系カードローンにも、当然、審査があります。しかし給与の振り込み先として利用し続けている実績があるのですから、その審査には非常に有利になります。よほど巨額な利用枠を希望したりしない限りは、審査には普通に通ると考えられます。

また、その希望利用枠ですが、そうした利用実績が長くなればなるほど、利用枠も多めに設定してもらえることが見込めます。もちろん、絶対とは言えません。しかし現実的に考えれば多くの場合、普通ならば数十万円の利用枠しか貰えないようなサラリーマンでも、100万円超えの枠を貰える可能性も高くなります。

銀行系カードローンに限らず人生というものは、何事もコツコツと実績を積み重ねることは非常に大切なことなのです。

Read more...



即日融資もある銀行カードローン

銀行が提供するカードローンは限度額が高く利息も低いというメリットに加えて、安心感があるという意味でも人気がある選択肢です。
しかしイメージとしてその分厳格に審査するために審査時間が長く、急な借り入れに対応できないし、口座の開設も必要ではないかと面倒さもつきまとってきます。

近年は銀行カードローンでもそうしたデメリットは払拭されつつあり、非常に機動力のある使い勝手の良いものになってきています。その一例が即日融資の開始です。即日融資と言えば消費者金融の専売特許のようなもので、キャッシング専門業者である強みを生かしたスピーディな審査でその日中の貸し出しを可能としていました。近年銀行も消費者金融を子会社化するなどしてそれらのノウハウを蓄積し、別の信用機関に担保させることで即日融資を始めつつあります。これまで通りのメリットに加えて融資までの時間が短くなったのは我々利用者にとっては選択肢が増えて歓迎すべきことですね。
比較サイトでは即日融資対応の銀行系カードローン各社のサービス内容が掲載されており、それらを見比べて利用の参考にすることができます。大変便利なのでお勧めです。
おまとめローン

Read more...



気軽に利用できると思われます

カードローンというものは、いろいろな銀行や消費者金融で扱っていることが多いです。しかし、消費者金融を利用することには抵抗を感じる人も多いと思われます。そういった人は、銀行系カードローンを利用するといいでしょう。

 銀行系カードローンは、かなり多くの銀行で扱っています。
まずは、自分が使っている銀行での扱いを確かめてみるといいでしょう。普段使っている銀行のカードローンを利用したほうが、手続きも簡単なことが多く、スムーズにいくと思われるからです。

 また、銀行系カードローンは、ある程度の金額までは、収入証明書などが不要なことが多いです。そのため、審査も簡単で、すぐにお金を借りられることになるのです。

 今すぐにでもお金が必要だということは、だれにでもあり得ることです。そういった時には、銀行系カードローンは強い味方となってくれます。そして、利用するときの心理的なハードルというものも低いと思われます。つまり、気軽に利用できるものなのです。

Read more...



フリーローンとはどういうものなのか

フリーローンという言葉をあまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、銀行などが展開しているサービスで、単純にいえばお金を貸してもらえるサービスのことです。
一方、カードローンという言葉はテレビのCMなどでも聞くことがあるはずですし、言葉だけは聞いたことがあると思います。こちらもお金を借りることができるサービスなんですが、名前が違うということは、内容にも違いがあるんです。

違いはなにかというと、「追加融資」に関してです。
カードローンというのは利用限度額の枠内であれば何度でも必要なお金を借りることができるんですが、フリーローンは一度決めてお金を借りたら、さらにお金を借りたくなった場合新しく審査を受け、契約しなおさないといけないというものなのです。

カードローンの方が自由度が高く、名称としてはフリーローンといえるのではないかともいえますが、それは置いておきましょう。

自由度の高さはメリットでもありますが、デメリットでもあります。
カードローンで何度もお金を借りると自由度の高さから借りすぎてしまって返済に困ってしまったり、最悪の場合完済できず破産するということもありえますが、フリーローンの方式であれば借入額に「絶対に」変動がないので、その分だけとにかく返していけばいい分、他のことを考える必要もなく返せますし、計画もたてやすく完済に向けて進みやすいローンのはずです。

審査に関してもフリーローンの方がカードローンよりも若干通りやすいようです。
とはいえ、誰でも審査に通るかというとそういうわけではなく、計画的に返済できる能力がある人が借りられることに変わりはありません。

Read more...



カードローン審査のポイント

カードローンの審査には大きく分けて5つの審査ポイントがあります。

1つ目は仕事をしているかどうかで、返済能力があるかどうかを審査するポイントです。勤続年数でその人の信用を図りますので長いほうがいいです。

2つ目は他社からの借入状況ですね。これは債務が多すぎますと返済ができなくなる可能性が高くなるので審査するみたいです。2010年からは改正貸金業法令施行が導入されて、貸出金額の上限が年収の3分の1までという規制も決められました。

3つ目は住まいが持ち家かどうかです。持ち家は財産なのでいざというときに売って返済する能力が得られるから賃貸よりは少し優遇されてるみたいです。

4つ目は他社への申し込み状況です。審査の結果は個人信用情報に記載されるので、審査を断られてばかりいたりいろんな会社に申し込んでると、貸す方からしますとなぜ断られたのかとか疑問に思われて信用が落ちますので気をつけましょう。

5つ目は金融事故の有無です。返済を滞納してたり債務整理などしてしまうと個人信用情報にその事実が記載されます。記載されてしまうと今後もそういう事があるのではないかと思われるので信用を落としてしまうので気をつけましょう。

Read more...